顔料プリント
顔料インクを用いてプリントする方法で、もっとも一般的なプリントです。
風合いがやわらかく発色がいいプリントです。
濃色生地には向いていません。

画像拡大
割れラバー
インキの収縮を利用してクラッキングを起こし、ひび割れを表現するプリント手法です。
画像拡大
   
フロッキープリント
植毛プリントです。
短い繊維でプリントする手法で、ベルベット調の手触りになります。

画像拡大
2色箔プリント
接着系の溶剤をシルクスクリーンで刷って、そこに箔を転写するプリントです。

2色の箔は転写温度の違いを利用して別々にプリントしています。

画像拡大
   
発泡箔+着抜
抜染プリントをした部分に色をプリントする着抜プリントと発泡、箔プリントを合わせた技法です。
画像拡大
艶あり発泡プリント
通常の発泡プリントの上に艶ありのラバーをプリントする手法です。
画像拡大
   
ラメプリント
グリッターとも呼ばれるプリントで、ラメでキラキラした感じを表現できる手法です。
カラーミックス
紫外線によって色が変わるプリントです。
   
ガラスビーズプリント
レンズ効果があるプリントで、生地にビーズを貼り付ける手法です。
プラスチックビーズ
キラキラしたスパンコールの小さなかすを利用したプリント手法です。
   
抜染
生地染めした布の色を抜いて模様やデザインを表現するプリント手法です。
総柄染料プリント
染料を用いたプリント手法。素材の風合いなどが生かされます。
   
ラバープリント
多少風合いは固めです。濃色生地にもプリントできる手法です。
備長炭パウダー
備長炭のパウダーを利用したプリント手法で、遠赤外線効果があります。
   
ぼかしプリント
ぼかした表現になるプリント手法です。
インキ混ぜグラデーション
インキを混ぜてグラデーションを表現する手法です。
   
アミ掛けグラデーション
アミ掛けを利用して複数の版を使用してグラデーションを表現するプリント手法です。
箔プリント
専用のノリをプリントし、その部分に箔を転写するプリント手法です。金銀、カラー箔やレインボー箔など色々な箔があります。
   
写真分解プリント
色分解して各色の版を作りプリントする手法です。
厚膜プリント
厚みのあるプリントで、おもしろい手触りや立体感が表現できるプリント手法です。
   
割れ箔
ひび割れた感じを表現した箔プリントの手法です。
ハードとソフトがあり質感がそれぞれ違います。
スプレー
スプレーを用いてぼかした感じを表現するプリント手法です。
   
ビーズプリント
生地にビーズを貼り付ける手法です。
ソフトラバープリント
ラバープリントと顔料プリントの間に位置するプリント手法です。
   
金線箔
糸状の箔プリントです。
ガラスビーズプリント
レンズ効果があるプリントで、生地にビーズを貼り付ける手法です。
   
ガラスビーズプリント
レンズ効果があるプリントで、生地にビーズを貼り付ける手法です。
ガラスビーズプリント
レンズ効果があるプリントで、生地にビーズを貼り付ける手法です。